ネット間口を知ろう2

ネットの間口はまだまだ広がっています。
認知度が高いものは、横に広く、マニアックなものほど、もっと深くなる傾向があります。

③オークションやフリーマーケット経由

最初に記載したモールと隣接します。
ここで安く顧客を集めて、同梱というケースも多いです。

ここも独自の発展を遂げています。特にマニアックなものは集客が驚くほど容易です。
今では、オークションサイト・共同購入は非常に認知されているので、参加はしやすいです。(携帯対応できるので)

代表的なメリット

・商材によってこれだけで非常にビジネスになります

・あまりコストを掛けずに出品できます(出品無料もありますね)

・自サイトへも誘導できるので、認知の点からも優れています

・評価という信用?である程度中身が判ります

代表的なデメリット

・覆面(身元がわからない)のため、トラブルも多いです

・安いスタートのほうが盛り上がるのですが、一定した利益確保がしにくい

・ビジネスで参入する場合、ジャンルはある程度絞る必要が出ます

ネット販売のコツ

④個人サイトやリンク経由

昔は個人の運営サイトさんからの、紹介やコメントによって、訪問されるケースもあります。

いわゆる口コミです。

ネットは匿名で気軽に意見を言えますので、結構取り上げられるとアクセスも増えます。

後は相互リンクですね。

代表的なメリット

・信用が増す

・アフィリエイト、ブログが増えたので、効果は結構高いです

・大手ポータルサイトに取り上げられると非常に高い認知度をもらう

代表的なデメリット

・取り上げられるまで時間が掛かります

・相互交流などで、手間が掛かります

訪問者がどこからでも来れるよう、これらを全部押さえるのが理想です。
やり方ですが、そんなにコストも莫大ではないでしょう。
ただ全部押さえなくても、目的とポジションから、どう展開するのがよいかを検討すると、主力や力の入れる広告などが見えてきます。

⑤メルマガや故意的な誘導経由

メルマガでよい情報から、そのページに訪問して購入することもよくあります。
故意的な誘導でいえば、アフィリエイトやドロップシッピング、広告なども同様です。

最近では、一見広告とは思えない仕組みもかなりあります。

ネットの場合、こういう故意的なものを仕掛けておいて、口コミを広めていくこともよく見受けられます。