パンフレットは駄目?

デザイン力もあり、きれいなサイトなのに、なぜか売れない?
こういうサイトは多数あります。

サイト制作会社も正しいHTMLで、素晴らしいデザインで自信を持って納品した後、販売が思わしくないと困ってしまいますね。

そのお客様が満足されても、数字が上がらないと、紹介も出にくくなります。

以前は、不器用なサイトがたくさんありました。
見ずらい、重い、文字の大きさがバラバラ、それでも売れているサイトが現実ありました。

今は、不器用なサイトをほとんど見なくなりましたね。個人サイトでさえもレベルが非常に高いです。
でも、こういう不器用なサイトでも売れていたりします。

HTMLの記述がめちゃくちゃでも、検索エンジン上位だったりします。

一方で、デザイン力のあるサイトが売れない。

不思議ですね。
ここがサイト制作会社の悩むところだと思います。
サイトの目的が同一だとしたら、余計にデザインが優れているほうが売れてよいはずです。

でも、サイトはパンフレットに近づくと売れなくなります。
サイトのパンフレット化は、きれいだと誰もが納得していますが、そこに価格的な魅力がずば抜けているとか、誰もが知っている商品だとかでないと、オファーなどレスポンスは高くないです。

なぜでしょうか?

パンフレットはきれいです。
それは認めます。

しかし、どんなにデザインが優秀でも、視覚で判断するものは二度目には感動は薄くなります。
何度かサイト内を見ているうちに、きれいさに慣れてしまいます。

その後、購入に、資料請求に向かわせる感情が薄くなります。

ネット販売のコツ

大事なのは、感情がまず動くこと

購入は、説得に共感・値段比較のうえ、信用の裏付けがあって、購入意欲という感情が後押しさせます。
パンフレットにはその感情が薄いのです。
しいて言えば、緊急かつ必要なお客様のみしかターゲットになりにくいのです。

でも心配ご無用です。

ちょっとテキストや画像を変えたり、追加したり、信用度などから、買ってよかったという思いなれるように、サイトをチェンジすれば、大丈夫です。

不器用なサイトでも売れるというケースは、購入までのプロセスが、上手だったりします。

それは無意識の場合も多いのですが、サイト管理者が本当にこれが良いという思いがサイト目的と同一線上にあるからです。
お客様がワクワクしてしまうようなものですね。