格安ホームページ

相互リンクについて

昔ほど威力はありませんが、同業・隣接企業での外部リンクは有効です。
ただ相互リンクも多く出来てしまうのは問題ないですが。

よく相互リンク依頼のメールが来て、そのページを見ると、リンクが全部で50ページ以上あって、1ページごとに50くらいのリンクがあるときがあります。

50×50=2500 
すごいなぁ。相互リンク!!!

こういうケースは昔はそれなりに効果がありました。

今は運営したてのサイトは良いのですが、そうでなければ、大きなメリットは少なく、逆に、そのリンク作りが止まるとデメリットが生じます。

重要なのは、相互リンクをしだしたら、継続することなのです。

何事もそうですが。。

相互リンクは、途中でやめてはいけません。
相互リンクの継続って結構難しいのですが、これをやるのとやらないのでは差が出ます。
中途で停止するならば、相互リンクはしないほうが良いです。
停止すると、ドーンと下がります。

かなり下がります。

逆に少しでもよさそうなサイトを見つけて手作業でリンクしていれば、良いのです。

これって何を意味をしていると思いますか?

それはリンクページも更新が必要なのです。

最初によく検索エンジンに登録して、相互リンクを頑張りますが、そのうち停止します。

ポータルサイトへ登録したままになっているケースも多いですよね。
これだとリンクは増えていかない、つまり、一過性のものは、最近の検索エンジンはきびしいのです。

それはブログの書き込みや広告の被リンクも同じです。

瞬間的に数千からリンクを張られると上位に来ます。

グーグルなどは量的に敏感だから早いです。

やれやれと安心していると。 すぐ下がるのです。

継続していかないと駄目です。
お金を払ってスパムになるような感じでしょうか?
ネットって継続なんです。