ネット販売の方法

ホームページの目的から、今までの「誰に」「何を」「どんな時」「どの位」を細かに検討して、実際にどう販売したらよいかを考えていきます。

ネット販売といっても、実はたくさんの販売方法があります。
だから漠然とサイトがあっても埋もれてしまうだけなのです。

販売するにはどうしたらよいか、実はリアルもバーチャルも同じです。
どの企業もお客様が来なければ、成り立たないです。
自社の強みを活かして、販売方法をいつも考えていかなければなりません。

ネット販売のコツ

たとえば、ペットシッターの場合・・・

今までのことを、ネット環境・業種・規模・予算・人・ノウハウなどと考えていきます。
具体的に煮詰めていくとこんな感じになりますかね。
(注)これはサンプルとして記載していますので、実際のプランニングとは異なります。

①ネットPC向けサイト

  ターゲット層は40代以降の富裕層
・しつけ(高齢者・20~30代)
・介護(高齢者・老いたペットがいる・大型犬)
・食事(富裕層・高齢者・老いたペットがいる)

特に、しつけ・ストレス・食事、このあたりも記載します。
一番強みがあるのを深く掘り下げていきます。そうすると相談が来ます。

相談がくれば、それが口コミになります。
後は、近くの獣医さんやショップなどと連動しながら、大きくしていけば良いです。

ネットではコミュニティを行い、賑やかさを出します。
ペットシッターから見たお散歩の注意、応急処置、お散歩クラブ的声掛けなどのブログ、食事アドバイス、介護(人間と違い全部飼い主が行います。大型犬では大変)などを作成していきます。

また現実も対応できるように上記ブログがある程度ボリュームがでたら、それを小冊子化にします。
これはそんなにページ数がなくても構いません。

これを利用して、リピーター確保目的・新規獲得目的で、お散歩コースで配るとか、ネットで配布します。
病院とかドッグカフェなどにも置いてもらうのも良いでしょうね。
そのかわり、ネットで認知してあげるとかすれば、費用は掛からないでしょう。

②携帯サイト このターゲットは、もし必要であれば、即依頼が来ます。

ターゲット層の年齢がほぼ絞られるので、「はじめてのしつけ」とか限定しても良いと思います。
そのために情報発信できるように準備しておきます。

今の携帯サイトにおける販売面を考えて、簡単なグッズをはじめてもよいでしょうね。
携帯サイトは、PCと違って情報を検索するというより、即売・お得なもの一気にというのに適しています。
でもレスポンスが早いので、山田さんの場合、絶対に必要です。
お気に入りに入れてもらえば、かなり差別化にもなります。

最後に、サイトの特色として、覚えておく事があります。
良いとなると同業はいくらでも増えてきますので、競合が増えてきます。
またお客様は、PCの場合、ウインドウを開けば、いくらでも同時に比較できます。

お客様は偶然、訪問したかもしれませんが、お店にとって、必ず依頼をされたほうがメリットがある強みを作らないといけません。
依頼しないで予定が埋まるとお客様が損になるような強みを考えていくわけです。

「この点が自信があるから安心してご依頼ください」

こういう姿勢を常に出していきましょう。
今回であれば、目的の③の連動でしょうね。

すごい内容になっていくはずなんですが、まずは優先順位です。
一歩一歩進めていきましょう。

できることから、頑張ってください。
いつでもプランニングは出来ますので、何でもご相談ください。

ここまで方針が来まると、広告が見えてきますよ。