ホームページのプランニング

どのようなサイトにするかですが、2つの方向性から考えます。
どんなデザインにするか?
どのように販売するか?
デザインはWeb制作会社は得意ですが、どのように販売するかは苦手なところでしょうね。

サイトを訪問すると、パッと見た感じで、どんなサイトが判ります。
習慣にもよりますが、およそ数秒で、良し悪しや好き嫌いを判断してしまいます。
このときにデザインは大事です。
現実でも第一印象は大事なように、サイトはトップページによって、インパクトが違います。

それ以上に大事なのは、どう販売するかです。

販売に至るまでの道のりは、集客と説得です。

集客は、サイトにお客様を呼んでくることですね。
説得は、購入してもらうことです。

集客が出来なければ、どんな良い商品も売れませんし、せっかくの訪問者に説得が出来なければ、購入してもらえません。
その説得のストーリーが必要です。 いかに訪問者に購入してもらうか?
そのコンテンツ作りは、Web制作会社は中々苦手なようです。
それは制作するのが目的だからです。

画像の解析度やアングル、配置、HTMLなどは得意ですね。

でも、この商品をどう売りますかは、実際にサイト販売・モール販売・オークション販売・携帯サイト販売・メルマガ販売などの経験があり、そのポイントを明確に把握していないと判らないからです。

販売するには?

・実際に売るノウハウを持っている
・その業界に詳しい、もしくはリサーチ力がある
・販売までのプロセスを明確に表現して、誘導できる
・一歩先を行く事(何歩も先に行ってしまうと売れません)が出来る

それを行うには色々な角度からリサーチをした上で、プランニングが必要になります。
ネットという大海を慣れない自社の船でスタートするのですから、効果があって、ローコストでなければなりません。

ウェブ制作には、それぞれ得意分野があります。
・システム
・デザイン
・マーケット

上記がクライアント様のご希望にあわせて、それぞれの持ち味を出すことが大切です。

ネット販売のコツ