ホームページ制作実績って何だろうか?

ホームページを作る場合、自分で作る場合と業者に依頼する場合があります。
自分で作る場合は、ソフトを買えば、OKです。

ホームページに関して言えば、許認可や資格は不要ですので、誰でも作成が出来ます。
ただソフトを使いこなすまでの勉強が大変でもあります。
何でもそうですね、自分でやればコストは掛からないですが、時間は必要です。

依頼をされれば、時間は掛かりませんがコストは掛かります。
どちらでも良いと思います。

ネット販売のコツ

これは弊社の考え方ですが、商用サイトは出来てしまえば、制作者や制作会社は、表に出るべきではありません。
よく制作会社で、弊社の実績とか、たくさんのホームページが記載されています。

それもほとんどがリンクしてあります。
これって、とても不思議です。

制作する側は、デザインを見て欲しい、技術を見て欲しいという意図ですね。
これだけの水準だから任せてほしいというわけです。

しかし、制作実績に記載されている企業のメリットはあるのでしょうか?
もし、その制作会社が格安で宣伝しているのであれば、その実績企業は格安で作成されたわけです。

どんな立派なサイトでも、こんな価格で、随分ケチったねとマイナス評価されます。
売れれば売れるほど、マネが多くなり、誹謗中傷は高まるのがネットの世界ですので、格安請負サイトの実績に決して記載されてはいけません。

ホームページ制作実績に出てはいけない

制作会社がその企業の販売面には全く配慮をしていないということです。

ましてリンクされていては、『格安・サイト制作』の検索で表示されることも考えられます。
その企業サイトが高級なものを取り扱っていたら、どうでしょうか?

完全にマイナスです。
これは極端な話で、技術系やデザイン系ならば、問題もないでしょう。
言いたいことは、 作るのが仕事だからですが、販売面を考えてこそ、制作会社なのだということです。
こういう配慮が足りないのに、引受先企業の販売面を考えることが出来るのか疑問です。

もし、その企業が、制作会社の実績でリンク記載されたことで販売にプラスになるのなら別です。
非常にデザインが優秀とか、大手企業の実績の仲間入りするとか、実績に記載されるとアクセスアップ、販売力アップになるというのであれば、メリットでもありますね。

逆に、制作を依頼した企業がここで作りましたよと制作会社にリンクしているサイトはあるでしょうか?

お金を支払い、そこを宣伝する意味がないので、普通は行いません。
常識的に考えると本質が見えてきます。

ちなみに。
制作…芸術作品を作り上げること
作成…作り上げること

サイトは書類と計画とかではないので、正しくは制作でしょうが商用サイトは、芸術性よりも販売を考えたほうが良いです。
どんなに見事なデザインでも画像処理でも、次回訪問時はもう感動はしないからです。

デザイン重視していても売れません。
売れないので、競合が増えると、格安サイト請負になります。
その中身は数種類のテンプレートを用意して、企業概要・地図・社長挨拶・法の明記・カート程度の中身で、販売面からはスタートから厳しい出航です。
デザインは優秀ですので、まさに制作ですね。

作成でもいいから、販売力のあるサイトを運営しましょう。