ホームページの基本戦略

ホームページを開設するのは、左程難しいことではありません。
無料のレンタルサーバーもたくさんあるので、個人サイトは手軽に出来ます。

しかし、ネット販売や企業のホームページは、無料レンタルサーバーというわけにはいきません。
無料レンタルサーバーは広告費で運営されています。広告というのは普通目立つところにあります。

目立つから広告になるわけです。
個人サイトは多少のことは無料ですので我慢できますが、企業や販売サイトの場合、他企業の広告が上部に出るのは信用度の問題があります。

大企業のように専用サーバーにする必要もなければ、便利なのは共有レンタルサーバーです。
レンタルサーバーは比較的安く、機能もあるところが増えています。

最初は容量はそんなに必要ではありませんが、サイトコンテンツが充実してくると大きいほうがよいに決まっています。
またレンタルサーバーと同時に、ドメインを取得されるのがよいでしょう。
個人事業の時からOCNやNIFTYがあって利用しているというのであれば、それでも構いません。

ただ独自ドメイン・レンタルサーバーが揃うと、世界でひとつのURLやメールアドレスが出来ます。
信用度からも非常に重要ですし、途中でドメインを取得し変更する場合は、移転作業以外にリンク先への変更依頼など手間が掛かります。

ネット販売のコツ

でも昔に比べ、回線のスピードもものすごく速くなり、サーバーの容量も安くても大きいですね。

レンタルサーバー選び

ドメインもレンタルサーバーも信用のあるところが一番です。
色々な会社のドメインを使用した経験がありますが、昔のようにサーバーダウンというのはかなり減っています。

ごくわずかのサーバー障害は仕方がありませんので、障害情報などで確認するのもよいでしょう。

レンタルサーバーの質は間違いなく向上していますが、非常にサポートに差が出ているのは事実です。
また実際に使用してみないと本質は判りにくいですね。

ただ初心者にはサポートがメールだけではなく、電話(フリーダイヤル)の対応もあるほうが助かります。
最初は、多数質問が出るので、親切なところが良いです。

またショッピングカートや他のCGIもサポートで用意されているものがあります。
それを利用する場合の注意点です。

まずは、ショッピングカートの商品登録数に上限があると、アイテム数が多い場合、使用できない点です。
制作会社に依頼する場合は、カートを制作するので、これは問題になりません。

また、SSLは必要かどうかです。

カートは個人情報を守るために、SSL利用(現在インターネットで広く使われているWWWやFTPなどのデータを暗号化し、プライバシーに関わる情報やクレジットカード番号、企業秘密などを安全に送受信することができること)はごく当然になっています。

これがセットになっているレンタルサーバーもあります。

これがないと、ショッピングカートをSSLで利用できるものを別途探すかになります。
信用を考えれば、自社でSSLを独自に取得するのが一番ですが、レンタルサーバーのものでも、ないよりは余程良いです。

もちろん、SSLも昔と違って非常に安くなりましたので、そんな問題もあまりでないでしょうが。

またメルマガ、ML、ブログなども利用できるレンタルサーバーもあります。

信用できるかどうかと容量や転送量、上記の付属サービス、サポートを照らし合わせて、検討してください。

レンタルサーバーとドメインが決まると開設できますが、後はどのようにサイトを作成するのかということになります。