ネットとリアルのフュージング

ビジネスは、リアルの販売も、ネット販売も、手法やツールが違っても基本は同じです。

人と人です。

ビジネスの本質は何ですかと聞くとほとんどの社長様は、顧客満足や理念をあげます。

これも人が人に行うものですね。
そのサービスや販売に感謝や喜び、組織の一体感などで増幅されます。

ところが、ネット販売になると、途端にビジネス戦略がグラつきます。
・新規開拓だけでよい

・検索エンジン上位表示のSEOがすべて

・あの広告、この広告、今度はどの広告?

・放置していても売れるのがネット

・わからないから、全部他社任せ

・サイトは見た感じ、キレイであれば、恥ずかしくない

何か本質がズレてしまうわけです。
また売れても、結局、ネットをネットで終わらせてしまいます。

・お問い合わせはメールのみでお願いします。
・販売はネットのみで、ご来店されても販売が出来ません。

こういうのもよくネットでは見かけます。

普通リアルで営業されている場合、法人専門業種であれば別ですが、小売が出来るのであれば、ネットでもリアルでも同じではないでしょうか?

もしもネットショップの運営を自宅でされていて、お客様が直接ご自宅に尋ねてきても、事前にお約束があれば、別に不都合はないように感じます。
どうしてネットだけにこだわる必要があるのかと。

電話のない企業はありませんね。

どうして、問い合わせが電話ではいけないのか?
それがネット販売では多いのか、不思議です。

こういう細かなことから、ネットとリアルでは手法が異なりますが、本当は人と人である以上、同じなんです。

もう一度言います。

ネット販売のコツ
ネットもリアルも同じです。
これらが融合することで、さらにビジネスが大きくなります。

そのネットとリアルの融合すること、フュージングを弊社は提案しています。
・マーケットの大きい部分
・新規顧客へのアプローチ
・システム処理の合理化
・新規参入

ローコストで行える、ネットの利点を活かしながら、リアルでも同様にネットと融合する戦略を取る事です。

どのシステムで、どういうふうにネットとリアルを融合していくかは、すべて、ヒアリング、打合せの中で、ご提案しています。

このネットとリアルのフュージングができると、ほとんどの企業は、現時点のビジネスの次元より、明らかにステップアップします。

当然ですね。

リアルはリアル。
ネットはネット。

こういうものでなくなるので、全てが掛け算になるのです。

ぜひ、一度お尋ね下さい。
ネット販売のコツ